1. HOME / 
  2. からだのお悩み / 
  3. クールビズ2016 美容的酷暑克服法

クールビズ2016 美容的酷暑克服法

2005年にクールビズが始まって、もう11年。すっかり定着してきましたね。実は、クールビズって、期間が決まっていて今年は5月1日〜9月30日の5ヶ月間となり、例年よりも1ヶ月短い設定です。それでも、1年の半分近くがクールビズ期間。そこまで暑くなってきているということですね。今回は、酷暑と評される2016年の夏を上手に乗り切る、そんなコツについてお話ししたいと思います。

ヒンヤリ系コスメで夏を快適に!

夏場には、メントールなどが入っているヒンヤリ系のコスメを使うのが得策。使用した瞬間にその心地よさを体感できるはずです。例えば、朝のシャワータイムのシャワージェルやシャワークリームなどに取り入れると、簡単に爽快感が得られます。また、夜は入浴剤としてハッカ油を使うのもあり。スーッとした清涼感と爽やかな香りがたまりません。夏場は浴槽に浸からないという人もいますが、ぬるめの温度にしてでもゆっくり浸かる方が疲れがとれやすく、さらに循環もよくなって安眠へと導いてくれます。

洗顔シートなどを効果的に使うのもいいでしょう。ぜひ、顔と一緒に拭いて欲しいのが首筋と耳の後ろ。皮脂の分泌も多く、汗も汚れも溜まりやすいので臭いの巣窟となっているからです。デオドラントにもなりますし、首には太い血管が通っているので、ここを冷やすと顔の汗がスーッと引いていきます。また、他にも体表に近い太い動脈は、脇の下やそけい部にもあり、汗がなかなか引かないときはピンポイントで冷やしてみてください。ただし、場所が場所だけに人前でははばかられるので、外出先ならトイレなどでこっそりとおこなうように。

さて、ヒンヤリ系コスメは便利なのですが、あまり使いすぎると肌に刺激となり、量や使う頻度には注意が必要です。これらの中にはアルコールを多く含むものもあり、肌に必要な水分までも奪ってしまうこともあるので、気をつけてください。

男性の暑さ対策は? 下着に日傘、男性も夏用を揃えたい

また、Tシャツやポロシャツなどでも、あえて下着を身につける方が涼しく感じることもあります。最近ではすっかりお馴染みになった機能性繊維。これを用いた下着や寝具などが飛ぶように売れていることから、その実力は推して知るべしといったところでしょう。ヒンヤリとした触り心地と、吸収性のよさは快適そのもの。あえて着ることが重要で、汗を吸って、さらにニオイを抑えるものであればデオドラントにも繋がり、スメルハラスメント対策にもなります。

ただし、下着がシャツからはみ出していたりしたら、みっともないもの。そこでサイズ感には細心の注意を払いましょう。実は、欧米では半袖シャツは子どもっぽい印象があり、大人の男性は公式の場では、ほとんど着用しません。モードな半袖や沖縄のかりゆしウェアでもない限り、ビジネスシーンでは長袖を。それを腕まくりして着る方が断然、格好いいです。これはファッションのセオリーとして覚えておくとよいでしょう。

普通、シャツの下には何も着ませんが、高温多湿のアジアでは前述したように一枚着る方がベター。そんな時に選ぶべき下着は、ぜひベージュを。夏用の薄手の生地でも肌の色に絶妙に馴染んで、白よりも透けないのです。もし胸元を開けるなら、深いU首にするとベスト。

クールビズというと、だらしない格好でもいいというのは大きな間違い。今さらですが、クールビズとは「杓子定規にスーツでなくてもいいですよ」というもの。「省エネやエコという観点から、せめて服装の暗黙の規定くらい緩めましょう」としただけです。やはりビジネスの場に出るのですから、ある程度の節度を持って臨むべきだと思います。

会社のロッカーにはジャケットやネクタイなどを常備して、いつでも対応できるようにしておくのが大人の余裕の見せ所。そこで夏らしい麻などをチョイスすると、お洒落度も格段にアップして周りの男性と差をつけられることでしょう。

それに暑いと、つい露出を多くして涼しくしようとしますが、外に出る場合などは直射日光を避けるという意味で長袖を着る方がかえって涼しくなることもあるのです。

直射日光に当たらないためには、日傘がとても有効。男性でも最近はさしている人をたまに見かけます。まだまだ恥ずかしく思う人もいるでしょうが、一度試してみると、日傘のない生活は考えられないという人も出てきています。ヒンヤリコスメを使う、あえて着る、直射日光を避けるなどちょっとした工夫で夏の暑さを快適に過ごすことができますので、ぜひ試してみてください。

 

藤村 岳

この記事を書いた人

藤村 岳

男性美容研究家・エッセイスト
編集者を経て独立。シェービングを中心に独自の理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動。テレビ出演の他、講演、コスメ開発やマーケティング等も行う。スパ・エステについても造詣が深い。著書に『一流の男はなぜ爪を手入れするのか?』がある。サイトは、男性美容研究所

関連記事

人気ランキング

あなたにおすすめの記事

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

CLOSE