1. HOME / 
  2. からだのお悩み / 
  3. チャームポイントなんて言ってられない? そのホクロ、●●の原...

チャームポイントなんて言ってられない? そのホクロ、●●の原因かも

「最近、急に顔のホクロが増えちゃって!」こんな話をよく耳にします。ホクロはメラニン色素を持つ細胞が増殖したことによりできる良性の皮膚病変。皮膚科学では、ホクロには先天性のものと後天性のものがあると説明しています。先天性のホクロは、発育の途中で神経になるべき細胞が皮膚内に迷い込んで、それが将来のホクロになるのだそう。後天性のホクロは主に、紫外線の影響といわれています。

確かに、紫外線を浴びすぎてシミやホクロができるのは、女性であれば何となく経験的にわかっていると思います。しかし、紫外線が一番強く当たるのは顔の高い場所であるハズ。鼻筋に真っ先にできてもおかしくないのに、実際には目の周囲やこめかみ、口回りなどに多く見られます。紫外線だけでは説明がつかないと思いませんか?

ホクロは内臓からのSOSサインだった!?

私自身、顔の眉下にホクロがあり、皮膚科で取ってもらった経緯があります。その当時は「なぜ眉下にホクロが?」なんて考えもしませんでしたが、ホクロなどの皮膚トラブルを内臓からのサインととらえるフェイシャルリフレクソロジーを学んでからは、ホクロの位置が無性に気になりはじめました。

みなさんは足裏に内臓の反射区があることをご存じだと思いますが、実は顔にも内臓の反射区があります。神経がたくさん集まった顔は、内面を写す鏡のようなもの。例えば、口の横が切れると「胃腸が弱っているかも?」といわれているのは、口の横が胃経という胃の経絡の通り道であり、小腸や十二指腸の反射区だからといえます。

先日テレビで俳優の柳生博さんを拝見し、お顔のホクロ(シミかも?)がかなり大きくなっていたのが気になりました。右側(写真で見ると左側)のこめかみのあたりで、ここは胆嚢の反射区の上で、経絡上でも胆嚢を含む「胆経」の上です。その大きなホクロ以外にも「胆経」の上にいくつもホクロがあり、余計なお世話かもしれませんが、胆嚢や胆経とつながっている肝臓にご負担がかかっているのでは、と感じました。

ホクロでからだの不調を知る

私は現在、フェイシャルリフレクソロジーセラピストとしての活動もしており、顔診断の際にはホクロをしっかり観察します。

ホクロ観察①

そのホクロはどの経絡上にあるか?

東洋医学にはツボ同士をつなぐ“気”の通り道である「経絡」という考えがあり、 例えば、顔にホクロができた場合、細かく位置をみて「どの経絡上にできたホクロなのか?」を観察するのです。

ホクロ観察②

そのホクロは顔の反射区のどこに該当するか?

最近はホウレイ線のゾーンや口のまわりに急にホクロが増えた、という女性が急増しています。ここは大腸や内分泌系の反射区。ホクロはチャームポイント、だなんて悠長にいってはいられません。

年配の男性は、前出の柳生博さんように顔の横、こめかみにホクロがある方がけっこういらっしゃいます。胆嚢の反射区であり、胆嚢と肝臓に関わる「胆経」という経絡上なので、あぶらっぽいものを食べ過ぎている恐れがあります。

さらに現在は、食事療法のマクロビオティックに基づいて、顔や眼、皮膚、髪、爪などに出ているホクロなどの皮膚のサインを理解する望診法を学んでいます。望診法では、特定の食べものが多すぎるとそれに対応する臓器に影響し、その臓器の対応ゾーンにホクロが出るととらえます。特に砂糖などの糖質、油、動物性タンパク質を摂りすぎると炭素化合物の排泄作用としてホクロが表れると説明しています。

この望診法のフェイスマップは、上記のフェイシャルリフレクソロジーのものとは微妙に異なります。

望診法では、糖質、油、動物性タンパク質の摂りすぎをやめ、玄米菜食中心にすることでホクロが目立たなくなった例がけっこうあるそうです。私自身も5年前に急にストレスでホクロが増えた時期があったのですが、玄米菜食のおかげなのか、急増したホクロが今は消えています。そんなこともあって私個人の意見では、ホクロは内面からのサインなので安易に取らないで欲しい、ということ。

ホクロのほとんどは良性ですが、中には皮膚がんの一種「悪性黒色腫」(メラノーマ)という場合もあり、悪性黒色腫は非常に悪性度が高くて進行が早いそう。そんな病変も診てもらえるので急にホクロが増えたり、ホクロを取りたいなら、皮膚科を受診するのが安心ですよね。

奈部川 貴子

この記事を書いた人

奈部川 貴子

美容ジャーナリスト・美容アナリスト
スキンケアを中心にエステ、スパ、美容医療の最新トレンドを発信中。近年はフェイシャルリフレクソロジー、ディエンチャン顔反射療法、表情筋マッサージや表情筋トレーニングなどを学び、『若々しい顔』を維持するコスメ使いを発信中。

関連記事

人気ランキング

あなたにおすすめの記事

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

CLOSE