1. HOME / 
  2. からだのお悩み / 
  3. 凸凹した肉の塊! セルライトを無くすことはできるの? できな...

凸凹した肉の塊! セルライトを無くすことはできるの? できないの?

お風呂上がりに久しぶりに鏡で全身をチェックしたら、ヒップや太ももの凸凹が以前より進行していて大ショック! なんてことはありませんか? 見た目の美しさを損なうこの凸凹の正体はセルライト。真夏ほど肌を露出する機会のない季節でも、特に女性は気になりますよね。「セルライトがあると太るってホント?」「セルライトは消せる?」「少しでも解消するにはどうすればいい?」など、セルフケアを中心にできることを考えていきましょう。

 

肌のなめらかキレイの大敵「セルライト」とは?

セルライト真皮の下の皮下組織にある脂肪細胞が肥大し、そのまわりに余分な老廃物が蓄積した状態、それがセルライト。脂肪のまわりの組織が繊維状に硬くなり、脂肪が落ちにくくなるというものです。

セルライトは医学用語ではないことからもわかるように、病気ではなく、あくまでも美容上のテーマとして使われている言葉。肥満の人によく見られますが、痩せている人でも、脂肪の代謝がよくない部位(ぜい肉のつきやすい部位、特に下半身)にできるといわれています。もちろん女性だけではなく、男性にもできるもの。

セルライトができたヒップや太ももなどの皮膚表面は、オレンジの皮のように凸凹になったり、波状になったりします。見た目がよくないだけでなく、血行が悪くなるため脂肪が分解・代謝されにくくなり、痩せにくい原因のひとつにもなるためかなり厄介な存在!

 

セルライトの原因は“脂肪の代謝不良”

脂肪と老廃物の塊であるセルライトがなぜできるのでしょうか? その直接の原因は【脂肪の代謝不良】といわれています。

そもそも脂肪細胞は、脂肪を生産・蓄積するところ。必要に応じて脂肪を分解し、からだの活動や運動に使われるエネルギーをつくり出します。ところが、そのバランスが何らかの原因により崩れ、脂肪の分解が滞ると、脂肪細胞が

肥大。肥大した脂肪細胞は周囲の血管やリンパ管を圧迫して、巡りを悪くします。すると、余分な老廃物が排出されにくくなり、脂肪細胞がさらに肥大化。脂肪細胞の周囲に老廃物がからみつき、繊維状の塊に。これが、セルライトのできるメカニズム。

そして、セルライトに圧迫されてリンパの流れが悪くなると、【むくみや冷え】の原因にも! さらにセルライトが形成されやすくなるという悪循環に。

 

セルライトの原因“脂肪の代謝不良”の対処法は?

Fotolia_137495555_Subscription_XXL脂肪の代謝不良は老化現象のひとつ(代謝機能の低下)でもありますが、食べ過ぎや飲み過ぎ、運動不足などで【余分なエネルギーが脂肪細胞に蓄積される】ことや、冷え、ホルモンバランスや自律神経の乱れ、睡眠不足などさまざまな要素が関わっているとされます。

一度できると解消がなかなか難しいといわれているのがセルライト。長い時間をかけて老廃物を取り込んで大きくなっていくため、普通の脂肪のようには除去しにくく、残念ながら食事内容を見直すなどのダイエットでも減らせないとされます。といっても、このまま何もしないわけにはいかない! という方へ、セルライトの対処法をご紹介!

 

セルフマッサージで血行をよくすること

セルライトマッサージをおこなうことで血液・リンパの流れがよくなり、老廃物や余分な水分も排出されやすくなります。お風呂上がりなど、からだが温まっている状態でおこなうのがベター。【肌を傷めないよう、ボディクリームやオイルを使い、すべりをよくしながらおこなう】、【手はからだの末端から心臓に向かうように動かす】といった基本もお忘れなく。マッサージローラーなどのグッズを使うと、手も疲れにくく◎。ストレッチとの合わせ技でより血行がよくなります。

 

プロの手を借りて、より効果的にセルライト解消

エステサロンのセルライトケアコースなどで専用のケアをする(キャビテーションやラジオ波、エンダモロジー、リンパマッサージなど)、美容皮膚科で脂肪融解注射の施術を受けるといった、からだにメスを入れなくてもできる方法もあります。

 

生活習慣の見直しでセルライトを予防する

セルライト適度な運動やこまめなストレッチで血行促進とむくみ・冷えの解消、代謝&筋力アップを図る、食生活では、脂肪のモトとなる糖分・脂質を摂り過ぎない、塩分の過剰摂取に注意する、からだを温めるものを積極的に摂ることなどを意識したいもの。

また、【セルライトは血行が悪いとよりできやすくなる】といわれているので、からだを締めつけるガードルなどでの圧迫をなるべく避ける、足が固定されるヒールの高い靴を長時間履き続けないようにするなどを心掛けましょう。

できてしまったセルライトをこれ以上増やさない&新たなセルライトの形成を予防する心掛けも、美容と健康にとって大切なことばかり。セルライト問題が気になっている方は、手軽にできそうなケアから始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

(文・大津礼保奈)

 

参考文献
美容皮膚科学事典(朝田康夫/中央書院)

 

※ 関連記事
モッタイナイ、そのむくみ。予防&解決ですっきりボディへ
http://www.karada-aging.jp/practice/mukumi-body/

関連記事

人気ランキング

あなたにおすすめの記事

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます。

この記事の関連キーワード

この記事が気に入ったらシェアしよう!

CLOSE