1. HOME / 
  2. からだのお悩み / 
  3. クレンズジュースだけじゃない! デトックス促進食材&メニュー

クレンズジュースだけじゃない! デトックス促進食材&メニュー

美容や健康に意識の高い人なら、一度は耳にしたことがあるであろう「ファスティング」。最近は、ファスティング用のクレンズジュースが販売されるなど、ずいぶん挑戦しやすくなりました。ただ、ジュースだけで数日過ごすのは気力もいるし、正しい知識がないまま安易にファスティングするのは危険をともなう場合も。そこで、クレンズジュースだけに頼らなくても、意識して摂ることでデトックスを促し、体内をきれいにする食材とメニューを、「おいしく食べてファスティング」を提案する「delifas!(デリファス)」の主宰であり、管理栄養士の板橋里麻さんに教えていただきました。

 

ファスティングの本当の意味とは? 向いてる人、向かない人がいるってホント?

ファスティングの意味

まずは、ファティングの意味と目的を整理してみましょう。ファスティング(fasting)とは、「断食」「精進」という意味。本来、食事は生きるために必要な栄養素を得る不可欠なもの。ところが、「暴飲暴食や偏った食事などの不摂生をすると、内蔵の疲労、腸内環境の悪化、代謝酵素の不足、毒素の蓄積などが生じ、からだの機能低下につながります。それにより、心身疲労、肥満、老化、肌荒れなどに陥ることも。そうならないよう、体内環境の改善を目的におこなうのがファスティングなのです」。

ただ、市販されているクレンズジュースなどでファスティングに挑戦する場合、「高血糖、低血糖がある方や糖尿病の方は止めましょう。また、特別病気ではない方でも頭痛、めまい、吐き気などの好転反応や不調が出る場合が多くあります。その場合にどう対処したら良いかわからないと、健康のためにやったつもりが逆に体調不良を起こすことに。できるだけ、専門家などのもとで実行することをおすすめします」などの注意点も。

まずは、ファスティングの大きな目的である“デトックス”を促す食材を日常の食事に積極的に取り入れることから始めてはいかがでしょうか。

 

デトックスを促す食材でからだの中をスッキリ

デトックスを促す食材

デトックスを促す食材には、下記が挙げられます。

 

1. 肝機能を高めて、デトックスを促す食材

肝臓は、毒素を無害化して解毒をおこなう器官。肝機能が低下すると毒素の溜まりやすいからだになります。

ブロッコリー、カリフラワー、ほうれん草、ケール、菜の花、ルッコラ、

キャベツ、芽キャベツ、イカ、タコ、エビ、牡蠣、貝類、ターメリック

 

2. 腸内環境を整えて、デトックスを促す食材

腸内環境を整える食材

からだに蓄積された毒素の約7割が便となって体外に排出されます。腸内環境を整えることはデトックスへの近道といえます。

発酵食品、根菜類、キノコ、海藻類、果物

 

これらの食材を選んだり調理したりする際は、農薬や添加物(化学調味料、甘味料)など、蓄積することでからだに害を与える可能性のあるものは含まないようにするのがベターです。

 

肝機能アップと腸内改善を促す、デトックスマリネ

デトックスと関わりの深い肝機能を高める「イソチオシアネート」が豊富なカリフラワーと、たっぷりの食物繊維で腸内環境を改善してくれるキノコをマリネ液につけたデトックスメニュー。マリネ液に使用したお酢も腸内環境を改善してくれます。作り置きしておくと、常備食になり便利です。

 

カリフラワーときのこのマリネ

カリフラワーときのこのマリネ

【材料】

  • カリフラワー 1/2株
  • えのき 1/2束(100g程度)
  • しめじ 1/2袋(100g程度)
  • マッシュルーム 5個
  • にんにく 1かけ
  • オレガノ 少々
  • オリーブオイル 大さじ2
  • 酢 50cc
  • みりん 100cc
  • 塩 小さじ1

 

【作り方】

  1. カリフラワーは、一口大に切り、えのきは5cm程度の長さに、マッシュルームは1/4に切る。しめじは石づきを切り、細かく裂く。にんにくはみじん切りにする。
  2. 小鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて弱火にかけ、にんにくの香りが立ってきたら、カリフラワー、1のキノコ、オレガノ、塩を加えて炒める。
  3. 酢、みりんを加え一煮立ちさせたら火を止める。

 

きのこ類はお好みで種類をアレンジしてもよいでしょう。きのこの代わりに肝機能を高め、デトックスを促すエビを加えても美味しいマリネになります。

温かいうちに食べても美味しいですし、保存容器に入れて置けば、しっかり味がしみます。冷蔵庫で1週間程度、日持ちします。

 

 

(文・川原好恵)

板橋 里麻

この記事の監修

板橋 里麻(いたばし りま)

管理栄養士・IOTA認定オーガニックセラピスト
「食」がもたらす「楽しさ」「カラダへの影響」に興味を持ち、管理栄養士を取得。小中学校で栄養教諭として2年間、食育の現場を経験。その後、健康ビジネスを展開するベンチャー企業にてダイエットカウンセリング業務、ウェブコンテンツ企画、イベント企画・運営などに携わる。独立後は、パーソナルカウンセリング業務、各種レシピ開発、文章執筆、セミナー講師など多方面に活躍。

関連記事

人気ランキング

あなたにおすすめの記事

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます。

この記事の関連キーワード

この記事が気に入ったらシェアしよう!

CLOSE