1. HOME / 
  2. からだのお悩み / 
  3. 働く女性のためのビタミンCの摂り方~紫外線とビタミンCの深い...

働く女性のためのビタミンCの摂り方~紫外線とビタミンCの深い関係!?

症状

人気モノのビタミンC。でも、摂り方を間違えている人は少なくありません

紫外線というと夏の強い日差しをイメージしがちですが、真夏同様に紫外線量が多いのが、5月と言われています。日焼け止めなどで紫外線防御をすることはもちろんですが、それ+α、栄養面でも日焼け対策を考えることが必要です。中でも、着目してほしいのが紫外線対策に効果的と言われる“ビタミンC”。でも、ビタミンCはポピュラーなビタミンであるが故に間違った知識を持っている人も少なくないようです。意外と知らないビタミンCの正しい摂り方をお伝えしましょう!

原因

紫外線が強くなる時期だからこそ知っておきたい、ビタミンCの働き

ビタミンCには、紫外線によってできるシミやくすみを予防し改善する効果があると言われています。

大きく2つの効果があります。

 

■メラニン生成阻害作用

シミやくすみのもとになるメラニンの生成を抑える働きのことです。

こちらは、ビタミンC誘導体として化粧品などにかなり前から使われています。シミのもとになるメラニンの生成に欠かせないチロシナーゼという酵素の働きを阻害する働きを持っています。

 

■メラニン色素還元作用

こちらはできてしまっているシミに対する働きです。


紫外線などを浴び、皮膚の中にある“メラニン色素”が刺激を受けると化学反応で酸化され、黒褐色なるのが、いわゆるシミです。この酸化されたメラニン色素を無色状態に還元することで、シミを薄くすることができると考えられています。

放っておくと?

シミ、くすみに効くビタミンC。でも、間違った使い方はシミを濃くすることも!

シミの原因のメラニンの生成などを抑える働きがあるビタミンC。

でも、ビタミンCだったら何でもプラスに働く、というわけではありません。

ナチュラル思考のママ世代では、天然素材を使った手作りコスメが人気を集めています。でも。ビタミンC成分を扱うときには注意が必要です。

例えば、ビタミンCが多い、レモン汁で化粧水を作ったり、レモンの輪切りでパックする人がいますが、シミやくすみには、これは逆効果です。

レモンにはビタミンCも含みますが、皮の部分にソラレンという光感受性の成分が含まれています。その成分が紫外線を逆に吸収しようと働きかけるため、シミやくすみが濃くなってしまいます。市販の化粧品は、安全性を最優先に肌への影響を研究しているので安心して使用できますが、ソラレン以外にも、ビタミンC自体の刺激も強いので、手作り化粧品でのスキンケアは慎重に行わないとトラブルのもとになります。

関連記事

人気ランキング

あなたにおすすめの記事

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます。

この記事の関連キーワード

この記事が気に入ったらシェアしよう!

CLOSE