1. HOME / 
  2. からだのお悩み / 
  3. 最近よく聞く「健康と美容のための“グルテンフリー”」。グルテ...

最近よく聞く「健康と美容のための“グルテンフリー”」。グルテンってそんなに悪者だったの!?

美容や健康に意識の高い人との会話や、女性誌の特集などで最近よく聞くキーワード「グルテンフリー」。グルテンとは小麦、大麦、ライ麦などの穀物に含まれるタンパク質のことで、パスタやパン、ケーキ、ドーナツなど欧米の食品を中心に多く含まれています。このグルテンがさまざまな弊害をもたらすと話題になり、グルテンフリー(グルテン抜き)の食事が注目されることに。

 

とはいえ、うどんやそうめんにも小麦粉は含まれているし、ランチを外食ですませることの多い社会人にとって、完璧なグルテンフリーの食生活をするのは、かなりハードルが高いのが事実。そもそも、誰もが「グルテンフリー」にする必要はあるのでしょうか? それによって、本当に健康に美しくなれるのでしょうか? ウィメンズヘルスクリニック東京(旧 AACクリニック銀座)の浜中聡子院長にお聞きしました。

 

まずは和食を中心とした、バランスのとれた食生活を

バランスのとれた食生活を

「グルテンフリー」という言葉を聞いたきっかけが、ベストセラーとなったテニスプレイヤー ノバク・ジョコビッチ選手の著書という方も多いのではないでしょうか。確かに、グルテンフリーの食事を開始して以来「体は軽くなり、活力が湧き、長年悩んだ鼻づまり(アレルギー)も消え去った」とし、さらに4大グランドスラムを制覇して世界ランキング1位になったストーリーは、アスリートでなくても大変興味深いもの。もちろん、自身の判断でグルテンフリーの食生活を試してみるのは自由ですし、すでに実践して効果を感じたという方も少なくないかもしれません。

ですが、著書にも記されているように、ジョコビッチ選手は不調の原因がグルテンを消化しきれないことにある「グルテン不耐症」であったことは、忘れてはならない点。体調不良の原因は、腸内環境のバランスや穀物以外の食物に対する過敏症など、他にもさまざまな理由があるため、グルテンフリーの食生活に切り替えたからといって、誰もがジョコビッチ選手と同じような劇的な成果を期待するのは無理があるよう。

グルテンフリーを盲目的に信用してはいけない

浜中先生は、「グルテンが引き金となって発症する自己免疫疾患の“セリアック病”や“グルテン不耐症”の人は、もちろんグルテンフリーの食生活をおこなうべき。そうでない方の場合、炭水化物ばかりの偏った食生活は避けるべきだが、グルテンフリーを徹底するより、まずは和食を中心とするバランスのとれた食生活を送ることが大切」とアドバイス。私たちが一番気をつけなければならないのは、「グルテンフリー」という言葉が、まるで流行語のように広がっているため、「グルテンフリー=素晴らしい健康法・美容法」と盲目的に信用してしまうことのようです。

 

「グルテンフリーはダイエットに効く」というのは本当?

「グルテンフリーで痩せた」に注意

確かに、「グルテンフリーの食生活にしたら痩せた」というのは、よく聞かれる話。これは「グルテンフリーにしたというより、パスタやパン、うどんなどの炭水化物を減らしたことによる成果という可能性が高い」といいます。ダイエットしたいなら、グルテンフリーにばかり注力するより、バランスのとれた食生活を送っているか、適度な運動を定期的におこなっているかを今一度見直したほうが良さそう。

さらに気をつけたいのが「最近はグルテンフリーをうたった食品が多く販売されているが、“グルテンフリー”を最優先させ、それを美味しく仕上げるために、余分な糖質や脂肪分が加えられていないか、必要な栄養素を含んでいるかなどのチェックも必要」ということ。以上のアドバイスをまとめると、「グルテンフリーがすべての解決策ではない」ということは肝に命じておいたほうがよさそうです。

グルテン不耐症の検査

もちろん、自分がジョコビッチ選手のような「グルテン不耐症なのでは?」と気になる場合は、検査によって判断することができます。ただ、一般的な消化器系の内科では検査できないので注意を。ウィメンズヘルスクリニック東京などエイジングケアをおこなっているクリニックなどで検査できますが、保険の対象外になる場合もあるため、事前に問い合わせして確認してみましょう。

 

(文・川原好恵)

 

浜中 聡子

この記事の監修

浜中 聡子(はまなか さとこ)

ウィメンズヘルスクリニック東京 院長・医学博士
ウィメンズヘルスクリニック東京(旧AACクリニック銀座)院長。医学博士。米国抗加齢医学会(A4M)専門医、国際アンチエイジング医学会(WOSAAM)専門医、米国先端医療学会(ACAM)専門医などの資格を多数取得。心身両面からのケアで「ウェルエイジング」を提唱し臨床現場に立つ

関連記事

人気ランキング

あなたにおすすめの記事

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます。

この記事の関連キーワード

この記事が気に入ったらシェアしよう!

CLOSE