1. HOME / 
  2. からだのお悩み / 
  3. 最近、父親に似てきた。うちの父親、薄毛だけど…(AGA)

最近、父親に似てきた。うちの父親、薄毛だけど…(AGA)

1.症状

自分の未来予想図から除外したい
オヤジの頭

顔を洗って鏡を見た時、街を歩きながらショーウインドーに映る自分を見た時、こんなふとした瞬間に、自分に父親の面影を見ることがあります。もちろん親子ですから、似るのは当たり前ともいえるのですが……。

「最近父親に似てきたね」と言われるたびに、その視線を頭部に感じ、髪のことが気になる。周囲を見ると高齢でも髪がふさふさしている人もいるし、若くても薄毛の人がいる。
AGAは、体質同様遺伝する可能性があります。

 

2.原因

母方のおじいちゃんを見て自分の将来の髪事情を占う!?

私たちは、漠然と「AGAは遺伝する」と考えていますが、どの遺伝子が原因なのか、はっきりと解明されているわけではありません。しかし、最近、AGAの人は男性ホルモン(アンドロゲン)の受容体遺伝子に共通の特徴があるということがわかってきました。

この説が正しければ、特定のタイプのアンドロゲン受容体の遺伝子を持っていると薄毛になりやすいということになります。また、その遺伝子はX染色体という性染色体で母親から受け継がれるので、母方のおじいちゃんの頭を見れば自分の将来の髪型が予想できるのかもしれません!?

3.放っておくと…

数年後、おじいちゃんと同じ髪型に?

AGAは進行性の疾患です。放っておくとあなたの髪は抜けていきます。母方のおじいちゃんが薄毛だったとすれば、その状態に近づいて、父親に似てきたどころか、おじいちゃんに似てきたと言われるようになってしまうかも。

 

4.対策

諦めないで!! 進化する医療があなたの毛根を救う!?

抜け毛、薄毛などのAGA症状がでても「遺伝だから仕方ない」と諦めないで!AGAの予防や治療は日々研究され進化しています。無駄な皮脂や汚れを洗う頭皮ケアと、専門医の処方する治療薬で救える毛根もあるのです。
AGAの治療は早く始めた方が効果がでやすいともいわれているので、髪の将来に不安を覚えたら、早めに専門医に相談してみましょう。

 

 

脇坂 長興

この記事の監修

脇坂 長興(わきさか ながおき)

医学博士、日本形成外科学会専門医、麻酔科標榜医、医療法人翠奏会脇坂クリニック大阪院長
聖マリアンナ医科大学卒業。同大学形成外科でskin rejuvenationを研究。医学的方法論よりも患者様自身にとって一番良い治療を提供することが形成外科医の使命であると考えている。

関連記事

人気ランキング

あなたにおすすめの記事

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます。

この記事の関連キーワード

この記事が気に入ったらシェアしよう!

CLOSE