1. HOME / 
  2. からだのお悩み / 
  3. アメリカで注目度急上昇中! 食べて痩せる「ヘルシースナッキン...

アメリカで注目度急上昇中! 食べて痩せる「ヘルシースナッキング」のすすめ

薄着の季節になってから後悔する、冬の間の暴飲暴食。「せめて夏本番までには痩せなくちゃ!」と息巻いて無謀な食事制限をした結果、見事にリバウンド……なんてよくある話。 そんなイタい失敗を繰り返してきた人にぜひ知ってほしいのが、「ヘルシースナッキング」。じつはこれ、モデルのミランダ・カーなど、美容意識の高いセレブたちがこぞって取り入れているという、ヘルシービューティ先進国アメリカで話題の食事法なのです。食べるのが大好きなそこのあなた、この夏は「ヘルシースナッキング」にTRYしない手はありませんよ!

 

ヘルシースナッキングって一体何?

「ヘルシースナッキング」とは、朝・昼・晩の食事を軽めにし、間食を2〜3回加える“健康的な間食”のこと。食事と食事の間に適度に間食をとることで、空腹によるドカ喰いを防ぎ、本来の食事量に抑え、太りにくいカラダを目指していくという新しい食習慣なのです。

 

どうして食べても痩せられるの?

「3食をきちんととって、間食をなくすほうが痩せるんじゃ……」と思いがちですが、食事の頻度が健康に及ぼす影響を調べた研究では、食事回数が多い人のほうが総摂取カロリー量は少なくなり、肥満度も低いという驚きの報告が。 なんとも不思議な現象のように思われますが、食事の回数を増やすと、食事1回あたりの糖質摂取量が分散されるため、血糖値の急上昇を避けることができます。血糖値の上昇が緩やかになれば、カラダに脂肪を蓄えるインスリンの分泌量が抑えられるため、結果太りにくくなる……というわけです。

 

おすすめヘルシースナッキングを紹介

「じゃあ、いっぱいお菓子食べても良いんだ!」と食べるのは、もちろんNG。きちんとルールにのっとって正しく賢く間食しましょう。

 

正しいヘルシースナッキングRule

●1回200kcal以内が目安。

●1日に摂取する総カロリーは増やさず、食べた分のカロリーは3食から引く。

●間食のタイミングは、朝昼晩の3食の間。お腹が空き過ぎる前にとる。

●食物繊維やたんぱく質が多いものを選び、血糖値急上昇を防ぐ。

●噛みごたえのあるもので満腹中枢を刺激する。

●ビタミンやミネラルなど栄養素を補えるものを選ぶ。

 

無添加のナッツやドライフルーツのほか、高たんぱく低カロリーのヨーグルト、カカオ高配合のチョコレート、チーズなど、キレイをサポートしてくれる自然素材のものがおすすめ。「この夏こそは!」と思っている人、食生活を見直したい人は、ぜひ取り入れてみては?

 

参考文献 ダイエットや健康にいい間食「ヘルシー・スナッキング」(日経BPヒット総合研究所)

 

(文・坂井七緒美)

関連記事

人気ランキング

あなたにおすすめの記事

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

CLOSE