1. HOME / 
  2. からだのお悩み / 
  3. 今年の運気を上げるキーワードは「脳内ホルモン」!

今年の運気を上げるキーワードは「脳内ホルモン」!

症状

運気が上がらないのは、あなたの生活習慣に原因があった!?

2015年、「今年こそ運気を上げたい!」と思っている人は多いでしょう。占いや神頼みに頼りがちですが、もしかしたら、あなたのちょっとした生活習慣が、あなたの運気を左右しているかもしれないのです! せっかくいいチャンスが舞い込んでも、やる気や集中力、幸せ感がないとそれに気づかず、見失ってしまうことも少なくありません。ビジネスや人間関係、恋愛で成功するには、“脳内ホルモン”の働きをいかによくするか、も重要なポイントになります。他力本願ではない、今すぐできる“運気”アップのポイントをご紹介しましょう。

原因

脳にどれだけエネルギーが蓄えられているかがハッピー感や達成感を左右する

忙しい毎日。頑張っているのに、ストレスは溜まるばかり。ハッピーな気持ちや充実感、達成感が低下し、集中力ややる気が消失ぎみという人も少なくないのでは? 体はそんなに疲れていなくても、精神的に疲れが取れないという人も多いようです。

これは、“脳”が疲労状態にあるからです。

心の安定や前向きな気持ち、集中力を起こさせるのは、脳の中にある“脳内ホルモン”のセロトニンやドーパミンの働きによるものです。これらの働きが悪くなると、頑張りたくても頑張れなくなり、電池切れを起こしてしまうのです。

電池切れを起こしたら脳にもエネルギーの充電が必要です。

 

ただ、ここで問題なのが、充電すべきエネルギーの種類を間違えている人が多いということ。多くの人は、仕事で疲れたり、ホッと一息というときに、甘いものをパクリ。甘いコーヒーやカフェラテをゴクリ、としてしまいがちです。

 

ですが、甘い物を食べると、血糖値が急激にあがります。一時的には幸せ感を感じますが、それはほんの数十分で、そのあと上がった血糖値は急激に低下します。血糖値は急激に低下すると、眠気、集中力の低下、倦怠感やイライラを生んでしまうのです。

たまのご褒美ならいいですが、あなたは「忙しい朝は簡単なパン」、「会議の前の缶コーヒー」、「眠気覚ましのチョコレート」、「ランチのあとのスイーツ」ということを習慣化していませんか?

これらが、あなたのやる気を失わせ、運気を低下させているのかもしれません。

放っておくと?

生活習慣病やうつ病などの引き金になることも……。

過度な糖質摂取や「疲れたときは甘い物」という生活習慣を送っていると、肥満、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病、さらに、低血糖や脳内ホルモンの不安定を引き起こし、うつ病やパニック障害などの精神疾患の要因になることも。

関連記事

人気ランキング

あなたにおすすめの記事

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます。

この記事の関連キーワード

この記事が気に入ったらシェアしよう!

CLOSE