1. HOME / 
  2. からだのお悩み / 
  3. なぜこんなところにできた? 恥ずかしすぎる「イボ」の謎

なぜこんなところにできた? 恥ずかしすぎる「イボ」の謎

イボはただでさえカッコ悪いのに、コマネチライン、乳下、おしり、ワキの下など、目立ちやすいところ、恥ずかしい部位ほどできて困りもの。

そもそも、「イボはなぜできるの?」「なんで同じところにできるの?」「自分で処理してもOK?」なと、知っているようで知らないイボにまつわるエトセトラを、日本医科大学・小川令先生が徹底解説します!

 

単なる老化から悪性腫瘍まで。イボには4つの種類があった!

Female doctor's consultation

イボは一見、同じように見えますが、小川先生によると、

  1. 皮膚の老化によるもの 
  2. 物理的刺激によるもの
  3. ウイルスによるもの 
  4. 良性・悪性腫瘍によるもの

と、原因別に4つ種類があるのだとか。できる部位や状態によって原因がわかったり、すぐに病院での処置が必要かどうかの判断もできるので、イボができたらよく観察を!

 

 

●加齢とともに増える皮膚の老化によるイボ

加齢によって皮膚が弱くなることが原因。物理的刺激に弱くなり、イボができやすくなる。

 

イボ

●恥ずかしい部位にできる! 物理的刺激によるイボ

40代以降にできやすいイボ。そけい部や乳下、おしり、ワキの下など、下着などによる摩擦で皮膚がこすれる、恥ずかしい部位に多くできる。

 

●免疫力の弱さや低下が原因。ウイルスによるイボ

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)や扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)、伝染性軟属腫(せんでんしょうなんぞくしゅ)が代表的。

  • 尋常性疣贅……もっともポピュラーなイボ。ヒトパピローマウイルス(HPV)によるものでウイルスに対する免疫力が関係。子どもから若年成人によく発症する。
  • 扁平疣贅……平たいイボ。尋常性疣贅と同じくHPVによるものだが、顔や腕にできやすい。性器や子宮頸部にもできることもあるが、その場合は尖圭コンジローマや子宮頸がんの原因になるので要注意。
  • 伝染性軟属腫……いわゆる“みずいぼ”のこと。免疫力が弱い幼児から学童に多く発症。プールなどでよくうつる。

 

悪性のイボ

●どんどん大きくなるのは要注意! 良性・悪性腫瘍によるイボ

一見イボに見えても、どんどん大きくなるものは良性または悪性の腫瘍(皮膚がん)の可能性が。

この場合、処置が早いほど完治しやすいため、見つけたらすみやかに皮膚科へ。

 

 

勝手にいじくるのは御法度! イボができたら病院へ

イボができたら医師に相談

デコルテや首すじ、腕など目立つ場所にできるイボは、これからの季節は特になんとかしたいもの。そんなとき、イボを引っ張ったり市販薬などを使ったりして自分でなんとか処置をしたくなるものですが……?

「病院では液体窒素で凍らせたり、麻酔をしてハサミやメスで切除したり、レーザーを照射したりといった治療をおこないます。イボをむやみに触ったり、引っ張ったりすると、症状を悪化させる原因に! また、ウイルスが原因の場合は感染してしまうこともあるので、やはり気になったら病院で処置してもらうのが一番です」。

単なる見栄えの悪さだけじゃなく、深刻な病気の可能性もあるため油断は禁物。1年でいちばんイボが目立ちやすい季節だからこそ、気になったら医師やクリニックで相談を!

 

(文・坂井七緒美)

小川 令

この記事の監修

小川 令(おがわ れい)

日本医科大学形成外科主任教授。同大学付属病院形成外科・再建外科・美容外科部長。医学博士。 日本医科大学大学院メカノバイオロジー・メカノセラピー研究室を主催。熱傷やケロイドの治療、マイクロサージャリーを用いた組織再建外科治療やリンパ浮腫治療、皮膚良性・悪性腫瘍などの治療を行っている。

関連記事

人気ランキング

あなたにおすすめの記事

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます。

この記事の関連キーワード

この記事が気に入ったらシェアしよう!

CLOSE