HOME > 今コレ! > 美肌・時短の栄養学 > 歩幅が自然と大きくなる「足裏ケア」4つの…

EXERCISEウォーキングでやせる1

歩幅が自然と大きくなる「足裏ケア」4つのステップ

正月太りもそろそろ真剣に解消したい時期。そこで今月は、脂肪燃焼UP+美姿勢になるウォーキングのコツを段階別にカリスマ・パーソナルトレーナーKaoruさんが指南します!

キレイなフォームで歩くと脂肪燃焼率もスタイルもアップ!

「脂肪燃焼率が上がる歩き方=安定した美しい姿勢で大きくダイナミックな動きが必要です。でも多くの人は、姿勢が悪く体を機能的に使って歩いていません。悪い姿勢で歩くと、歪んだ形で筋肉が凝り固まって、その部分に脂肪が付きフォルムを崩すことも。正しい姿勢で歩くことが大切です」(Kaoruさん)

姿勢を支える“足裏”を整えるだけで、足幅が自然と大きくなる!

「歩くとき、まず大事なのは“足裏”です。地面をしっかり掴んで蹴って歩くと足幅は自然と大きくなります。でも、本来あるべき足のアーチが崩れて、きちんと地面を掴んで蹴れないベタ足状態の人が多いですね。まずは、足に正しいアーチができるように足裏ケアを習慣づけましょう」(Kaoruさん)

気持ちよくて簡単! オフィスでもできる”歩ける足裏ケア”

どれも気持ちがいいと感じる強さでやってみましょう。

 

1.テニスボールと指で”足のタテ・ヨコのアーチ”を作る

0204_01

■Point1:テニスボールを足で踏むようにして親指側から小指側までまんべんなく前後にコロコロして、足のタテのアーチをケア。

 

0204_02

■point2:親指で人差し指のつけ根とかかとの間にある“くぼみ”部分を押して、足のヨコのアーチを作ります。そのあと、ヨコのアーチができるように両手でマッサージ。

 

2.縮まりがちの”足指”と”足首”を伸ばす

0204_03

■point3:足の指が縮まっていると地面を掴んで蹴れないので、伸ばすように1本ずつ揉みほぐします。

 

0204_04

■point4:足首ケア。アキレス腱を伸ばすように足先を前に引いて15~20秒。最後に、足先を前方の伸ばして15~20秒。

 

kaoru1

この記事の監修  Kaoru

『STUDIO Apro』主宰 フィットネスコーディネーター&トレーナー 30年に及ぶフィットネス指導者生活の中で、エアロビクス、ヨガ、ピラティス、加圧、バレエなど幅広いジャンルに精通し、指導。 わかりやすく効果的な指導で女優やモデルにもファンが多い。STUDIO Apro

 

LET'S TRY 即実践のコツ

歩幅が自然と大きくなる「足裏ケア」のポイント

  • 01.テニスボールで足裏刺激。足のタテのアーチを意識!

  • 02.足裏のくぼみを押して足のヨコのアーチを取り戻す!

  • 03.縮まった足の指を1本1本伸ばすように丁寧にマッサージ

  • 04.足先を引き寄せ伸ばしストレッチ

一覧に戻る