1. HOME / 
  2. からだのお悩み / 
  3. わんぱくだった飼い犬が8歳を過ぎてとてもおとなしくなってきた...

みんなの相談を見る

Q. 犬の老化現象

わんぱくだった飼い犬が8歳を過ぎてとてもおとなしくなってきたのですが、ペットにも老化現象ってあるのですか。

その他

女性 | 60代

A. 医師の回答

犬は、7歳位から老化現象が現れるといわれています。おとなしくなったのは、老犬になって性格が穏やかになったのではなく、足腰が痛くて走り回れない等、体に異常があっておとなしくしているということが多いようです。単なる老化なのか、どこかに異常があるのかは、勝手に判断せず、獣医さんに相談してみるといいと思います。悪い場所を治療し、痛みが改善すればまた元気になることも多いようです。

CLOSE