HOME > からだのお悩み > 布団に入っても、足先が冷たいままは危険信…

- 全身筋肉 女性向け男性向け運動

布団に入っても、足先が冷たいままは危険信号!

布団に入っても、足先が冷たいままは危険信号!

1.症状

歳をとると冷えやすくなる!?

いつも周りの人より手が冷たい、寒いわけではないのに手足が冷える、といった症状がある人は、冷え性です。 冷え性は、もともとの体質もありますが、歳をとって血行が悪くなると悪化します。

昔は冷え性じゃなかったのに、最近手足がやたら冷えるという人は、血行が悪くなってきたサインかもしれません。 続きを読む

2.原因

血液エンスト中

歳をとって、全身に血液を送り出す心臓のポンプの力が弱くなったり、血管が硬くなったりすることで、全身に血液が行き届きにくくなって冷え性を起こしやすくなります。また、体の中で最大の発熱器官である筋肉の量が減ったり、自律神経やホルモンのバランスが乱れ、血管の収縮や拡張がうまく調節できなくなることも、冷え性を加速させる要因です。

 

3.放っておくと…

冷えは万病の元

血行不良を放っておくと、腰痛や肩こりを発症しやすくなります。さらに、女性の場合は冷えにより卵巣機能が低下し、激しい生理痛や頭痛、イライラなどを伴う月経困難症に発展することも。また、近年男性の冷え性が増加していますが、男性の場合は、ED(勃起障害)などに発展することもあります。男性も女性も、冷えを感じたら放置せず、対策をとるようにしましょう。

 

4.対策

「正しいスクワット」で冷え知らず!

「足は第2の心臓」と言われるように、足の筋肉は全身の血行を良好に保つ上で重要なパーツです。冷え症を改善するために、まずは足の筋肉を鍛えましょう。
手軽に足の筋肉を鍛えるには、スクワットがオススメ。意外と知られていない「正しいスクワット」の方法についてご紹介しますので、毎晩寝る前に実践してみてください。 

 

 

冷え対策をまだまだ知りたいという人は、こちらの記事もチェックしてみてください!

・【冷え性対策1】男性必見! 朝晩の通勤で冷えないための2つの秘策

・【冷え性対策2】外出先でも即効温まる! つらい“末端冷え性”撃退2大対策

・【冷え性対策3】「足が冷えて眠れない!」を解消する3つの簡単あっため術

 

この記事の監修
川上 正也(かわかみ まさや)

【略歴】
北里大学医学部名誉教授・日本細菌学会名誉会員・日本分子生物学会会員・元日本学術会議微生物研究連絡委員会(幹事)・元日本医師会生命倫理懇談会委員・元厚生省遺伝子治療に関する特別委員会委員・元国際微生物学連合日本代表連絡委員。

 


一覧に戻る