HOME > からだのお悩み > 子どもの夏バテが増加中!今から始める、夏…

- 代謝全身その他季節ネタ

子どもの夏バテが増加中!今から始める、夏バテ予防の簡単栄養補給

子どもの夏バテが増加中!今から始める、夏バテ予防の簡単栄養補給

症状

夢中で遊んでしまう子供は、からだの変化に気づかず熱中症になりやすいのです

“夏バテ”というと、夏の終わりに熱さの疲れが出て起こるものと思っている人が多いことでしょう。

でも実は、暑くなり始めのこの時期も夏バテ状態になりやすいのです。特に、大人よりも子どもは、熱中症をはじめ、夏バテを起こしやすいと言われています。気温の上昇に備えて、自分たちはもちろん、子どもたちの夏バテケアについてお伝えしましょう。

原因

夏バテしやすい子どもが増えているのは、発汗不足と栄養不足!?

最近、子供の夏バテが増えているといいます。夏バテといえば、仕事が忙しく、疲れが溜まりやすい大人世代がなるもので、子どもはあまり関係ないものと思われてきました。でも最近、子供に増加しているのです。

その原因は、大きく3つあります。

 

■遊びに夢中で熱中症になりやすい

外遊びなどに夢中になってしまうと、子供は暑さによる体調の変化を忘れてしまいがちです。水分補給などを忘れて、炎天下で遊ぶことで脱水状態になった子どもは、汗をかくことが少なくなったために汗腺の発達が悪く気候順化が上手に行えません。それによって、体内に溜まった熱をうまく放出できず、熱中症や夏バテしやすい体質になっているのです。

 

■快適室内生活で発汗がしにくくなっている

昔に比べて、子供の汗腺が低下しているという報告があります。 汗は、私たちの体温調節には欠かせないものです。汗をかくことで、体の熱を放出し、クールダウンしているのです。この発汗に欠かせないのが、汗を出す汗腺です。汗腺は、3~4歳の幼少期に発達すると言われています。ですが、昔に比べて、エアコンの普及や室内遊びが多くなった子どもは、汗をかくことが少なくなったために汗腺の発達が悪く気候順化が上手に行えません。それによって、体内に溜まった熱をうまく放出できず、熱中症や夏バテしやすい体質になっているのです。

 

■お菓子やジュースばかりで、栄養が偏って暑さ負けしてしまう

子どもは暑いと、ジュースやアイスばかりを食べがちです。ご飯の時間になっても、「暑いから食べたくない」と食欲が低下。この状態は夏バテを悪化させます。特に、ジュースやアイスなどの甘い物は、糖分の代謝にビタミンB1を多く使います。ビタミンB1は、夏バテ予防に欠かせない栄養素です。甘い物ばかりでビタミンB1がきちんと摂取できていないと、糖代謝のバランスが崩れて、夏バテが悪化してしまうのです。

放っておくと?

この時期にケアしないと夏本番に大きく体調を崩すことも!

これから夏本番です。気温の上昇もより大きくなります。最近では環境変化の影響もあり、猛暑日も続きます。今この時点で、「すでに夏バテぎみ」、「暑いと疲れてしまう」なんて症状があると、これからどんどんと体力がなくなる可能性があります。放っておくと慢性的な不調になり、自律神経失調症のような症状に悩まされることになります。

対策

今なら間に合う、発汗・栄養・休息の3ポイント夏バテ対策

夏バテに強くなるには、大きく発汗機能を高めること、しっかり栄養を摂ること、さらにきちんと体を休めることが大事です。子供たちはもちろん、この方法は大人にも活用できるので、子どもといっしょにママもチャレンジしてみるといいでしょう。

 

対策1 発汗習慣を持ちましょう

 

エアコンが効いた室内はそれほど熱中症の心配はありませんが、発汗力が低下してしまう可能性が。一定の割合で、季節を肌で感じることも重要です。

水分補給しながら、適度に運動をして発汗習慣を身につけましょう。

運動以外にはお風呂も有効です。少しぬるめの38~40度のお湯につかる習慣をつけて、汗をきちんと出せるようにしましょう。

 

対策2 豚肉でビタミンB群をしっかり補給!

 

夏バテ対策に重要な栄養素は、ビタミンB群です。特に子供は甘い物やスナック菓子などを多く食べます。その代謝にビタミンB群は必須です。この栄養素が不足すると、だるくなり、夏バテを起こしやすくなります。

意識して、ビタミンB群を料理にプラスしてあげるといいでしょう。

ビタミンB群が豊富な食材の代表は豚肉です。たんぱく質も摂取できるので、とても効率的。また、ニンニクもスタミナアップ効果的です。豚肉のニンニク風味焼きなど、工夫してみるといいでしょう。

 

対策3 水よりもミネラルバランスを考えた水分補給を

 

夏の暑い時期は、熱中症対策に水分補給は必須です。でも、注意すべきは、飲む内容です。

水分補給というと液体のものであれば何でもいいと思いがちです。

まず、ジュースなどの甘い飲み物は、一見脱水補正や夏バテによさそうに思いますが、糖の代謝にビタミンB1を使いますし、なによりミネラルが不十分な単なる甘い飲み物は、飲み物中の糖質が代謝されると、残る成分は水だけということになり、発汗によって喪失したミネラルが補充できず逆に夏バテしやすくなります。特に、水のみだと逆に体内の電解質のバランスを悪くすることがあります。発汗が多いこれからの季節は、単なる水よりも電解質バランスを考えたスポーツドリンク的なものがオススメです。

 

対策4 1日の疲れはその日のうちに睡眠で取る習慣を!

 

最近、睡眠時間が短い子供が増えています。睡眠は1日の疲れを回復するためにとても重要なものです。翌朝起きて、疲れが残っているという状態が続くと、夏バテは進行しやすくなります。寝苦しい夏が来る前に、疲れを取る睡眠を心がけておくことが大事です。

 

この記事の監修
井上 肇(いのうえ はじめ)

【略歴】
聖マリアンナ医科大学・特任教授、日本抗加齢医学会評議員、日本再生医療学会評議員、薬剤師・薬学博士・医学博士、星薬科大学薬学部卒、同大学院薬学研究科修了

聖マリアンナ医科大学形成外科学教室助手、講師、准教授を経て、幹細胞再生医学(ANGFA(株)寄附)講座代表・特任教授、同時に同大学院形成外科特任教授を兼務。

一覧に戻る