HOME > からだのお悩み > 目が乾燥するようになった

- その他ボディ

目が乾燥するようになった

目が乾燥するようになった

1.症状

目が乾燥するようになった、目がショボショボ・ゴロゴロするようになった、瞬きが多くなった、といった症状は、涙の成分が変わってきているサインかもしれません。多くの高齢者がドライアイの症状を持っていると言われています。

続きを読む

2. 原因 

涙の組成が変わる!?

「涙」と聞くと感動した時や悲しい時に流すイメージをしてしまいますが、実は、涙は私たちの眼を乾燥から守る上で、非常に大切な働きをしています。

涙は、水分やムチンなどの粘液質、皮脂といった成分から構成されていますが、眼の潤いを保つ上で特に重要なのは皮脂です。水分だけでは、涙はすぐに蒸発して眼が乾いてしまうため、蒸発せずに眼を乾燥から守ってくれる皮脂が必要になるのです。

この皮脂は、瞼のふち(裏側)にある、マイボーム腺という部位から分泌されます。しかし、歳をとって、マイボーム腺が油分を押し出す力が弱くなったり、詰まりやすくなったりすると、皮脂がうまく分泌されなくなり、眼が乾きやすくなってしまうのです。また、加齢により涙の分泌量が低下することも大きな原因のひとつです。

 

 

3.放っておくと…

乾いた眼は細菌やウイルスに狙われる!

眼の乾燥が進むと、乾燥した角膜の表面に傷ができやすくなったり、細菌やウイルスに感染して炎症を起こす「角膜炎」になりやすくなったりします。

 

4.対策  

加湿と保温が効果的

目の疲れやドライアイの改善には、目を温めたり保湿したりといった対策が効果的です。エアコンを使うなら、室内の加湿にも気を配り、なるべく乾燥しにくい状態をつくりましょう。ドライアイで眼の疲れを感じる時は、ホットタオルを目の上にのせ、加湿しながら目を休ませてあげることもオススメです。涙の量が増えるだけでなく、ピント調節能力の回復も期待できます。

パソコンやケータイ、ゲームなどの長時間の使用は、ドライアイを進行させる可能性があるので、極力控えましょう。どうしても使用しなければならない時は、意識的な瞬きと休憩を忘れないようにして下さい。 

 

この記事の監修
井上 肇(いのうえ はじめ)

【略歴】
聖マリアンナ医科大学准教授、日本抗加齢医学会評議員、日本再生医療学会評議員、薬剤師・薬学博士・医学博士、星薬科大学薬学部卒、同大学院薬学研究科修了
聖マリアンナ医科大学形成外科学教室助手、講師を経て、現在、同教室准教授ならびに幹細胞再生治療学(ANGFA(株)寄附)講座代表を兼務。

 

 

一覧に戻る