1. HOME / 
  2. からだのお悩み / 
  3. 耳鳴りがするようになった

耳鳴りがするようになった

1.症状

無駄な音が聞こえて、
聞きたい音が聞こえない?

両耳が突然キーンと金属音を立てる、といった症状がある場合、耳の中にある「蝸牛(かぎゅう)」という器官の感覚細胞が何らかの原因で障害されていたり、老化によって血行が減少している可能性があります。

人口の10%から20%の人が耳鳴りを感じているといわれており、特に65歳以上の人では、30%近い人が耳鳴りを経験したことがあると報告されています。また、歳をとって耳鳴りがする場合、70~80%の人で難聴を伴います。
その場合、耳鳴りは両側の耳に同時に起こる傾向があります

2. 原因

感覚細胞の老化が原因かも!

私達は、耳の中にある「蝸牛(かぎゅう)」という器官で音を感知しています。蝸牛を構成する細胞には毛が生えていて(有毛細胞)、そこに空気の振動が伝わり、毛が振動することで音を認識します。蝸牛は、かたつむりのような渦巻状の形をしていて、その入り口付近の毛で高音を、奥にある毛で低音を認識します。入り口付近の有毛細胞は、自分の担当ではない低音の振動にもゆらされるため、奥にある有毛細胞よりも早く老化してしまいます。

高音を担当する有毛細胞に異常が生じると、本来は空気振動がないのに脳への信号が発してしまい、キーンという金属音や、電子音に似た不快な音、耳鳴りが起こってしまうのです。また、有毛細胞が老化することで高音が聞き取りづらくなるため、耳鳴りを訴える高齢者の大部分で、難聴を伴う傾向があります。

 

3.放っておくと…

耳鳴りは体からのSOS!?

Rubinsteinが1992年に行なった耳鳴りの自然経過に関する調査によると、耳鳴りを訴える70歳、75歳、79歳の女性において、25%では苦痛度が増悪し、58%では改善が見られ、17%は不変であったと報告されています。また、男性では8%が悪化し39%が軽快し、53%は不変であったそうです。

この結果を見る限り、耳鳴りは時間が経過すると改善する傾向があるようです。ただし、症状が悪化した場合、夜眠れなくなる程のストレスへと発展する場合もありますから、早めに病院に行ってみることをおすすめします。また、物が二重に見えたり、激しい頭痛やしびれ、舌のもつれなどの症状がある場合は、脳梗塞や脳出血の前兆の場合もあるので要注意。

 

4.対策

大音量の音楽が耳鳴りの原因に!?

耳のエイジングを加速させない事が大切です。気を付けるべき事として、イヤホンで大音量の音楽を聴かない事です。イヤホンなどで音楽を聴くと、耳から入った音波が内耳にある有毛細胞に到達しますが、この際ボリュームが大きすぎると、有毛細胞が損傷を受け、回復できなくなってしまうのです。これを「ヘッドホン難聴」と呼びます。

米国での調査によると、iPod などのオーディオ機器の普及に伴い、若い世代での難聴が急増しているそうです。自分の好きな音楽を大音量で楽しみたい気持ちは分かりますが、将来のことを考え、耳をいたわった音量で音楽を楽しむようにしましょう。

 

自分なりのリラックスタイムをつくる

ストレスを感じて自律神経のバランスが崩れると、耳鳴りがでたり悪化したりすることがあります。毎日の生活でストレスを溜めないために、意識してリラックスできる時間を作るようにしましょう。また、耳鳴りがおきたら、深呼吸をして肩の力を抜いてみてください。

 

 

井上 肇

この記事の監修

井上 肇(いのうえ はじめ)

聖マリアンナ医科大学 特任教授
星薬科大学薬学部卒、同大学院薬学研究科修了。聖マリアンナ医科大学・形成外科学教室内幹細胞再生医学(アンファー寄附)講座 特任教授及び講座代表。幹細胞を用いた再生医療研究、毛髪再生研究、食育からの生活習慣病の予防医学的研究、アンチエイジング研究を展開している。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

CLOSE