1. HOME / 
  2. からだのお悩み / 
  3. 花粉症は年齢が高くなるほど症状が軽くなる!? 今取るべき花粉...

花粉症は年齢が高くなるほど症状が軽くなる!? 今取るべき花粉症対策とは?

症状

色々ケアしているのによくならないのには理由があった?

これからの季節、症状に悩む人が多い花粉症ですが、どれぐらい患者がいるのか正確な数値はまだわかっていません。推定では、日本人の4人に1人は花粉症患者といわれ、国民病と言われています。

花粉症に悩んでいる人は、症状を少しでも軽くしようと、色々と努力をされているようです。中でも多いのが、“花粉症に負けないように免疫力を強化しよう!”という考え方です。実は、この“免疫力”が花粉症を悪化させていたのです。

原因

花粉症は免疫力の過剰反応で起こります

花粉症とは、スギなどの特定の異物に対して、過剰に免疫力が高まっている状態のことをいいます。免疫力が高いがゆえに花粉症が発症してしまうのです。

免疫とは本来、体に入ってくるウィルスや細菌などの異物を防御するために働きます。

花粉症は植物の花粉や胞子が鼻や口から吸い込まれたり目に入ったりすると、免疫システムがそれを異物と判断し、追い出そうとします。そのときに、化学伝達物質ヒスタミンが過剰分泌することで、くしゃみや鼻水、目のかゆみといった症状が起きてしまうわけです。

ですから、単純に免疫力を高めるだけだと、症状が強く出てしまうことも。

正しくは、免疫力を高めるのではなく、整えて、“ニュートラル”な状態を作ることが大事なのです。

放っておくと?

スギ花粉は40代がピークで、そのあとは症状が減少する?

花粉症な年齢が高くなるほど、症状が軽くなるというデータがあります。スギ花粉の有病率は40代がピークでそれ以降は低下していく傾向があります。年齢に伴い免疫反応が低下することで発病しにくくなると言われています。

 

症状が強く出る40代までの人は、徹底した花粉防御とセルフケア、さらに医薬品でのケアを徹底したほうがいいでしょう。さらに、この世代は仕事も忙しく睡眠不足にもなりがちです。睡眠不足やストレスは花粉症の天敵です。この部分の見直しも必要です。

花粉症は放っておいてもよくなりません。よく自力でどうにかしようとする人がいますが、アレルギー反応なので、セルフケアだけでは限界があります。セルフケアと医薬品と生活改善の3本柱が重要なのです。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

CLOSE