1. HOME / 
  2. からだのお悩み / 
  3. 上まぶたがたるんで開きにくい

上まぶたがたるんで開きにくい

1.症状

上まぶたが垂れて、
物を見づらくなってきた

上まぶたが下に垂れ下がるようになっている。上まぶたがたるんで目が開きにくい、視野が狭い感じがする。こんな症状がある人は、まぶたを持ち上げる筋力が低下し、まぶたが垂れ下がって視野が狭くなる「眼瞼下垂(がんけんかすい)」の疑いがあります。瞼を動かす筋肉のエイジングサインかもしれません。

この場合、垂れ下ったまぶたを額の筋肉で無理に上げて物を見ようとするため、まゆげがつり上がった状態になることがあります。

 

2.原因

目の周りの筋肉と目の老化からたるみに

歳をとって眼瞼挙筋やミュラー筋などのまぶたを持ち上げる筋肉の筋力が低下することで眼瞼が垂れ下がり、眼瞼下垂となります。

眼瞼下垂は、コンタクトレンズを長期間使用していたり、コンタクトレンズの着脱時にまぶたを引っ張るくせがあったり、パソコンを長時間使用する習慣があったり、といった生活習慣からも起きる可能性があります。

 


3.放っておくと…

眼精疲労や肩こりの原因に

視界が悪いため、慢性の眼精疲労になったり、眉間のシワの原因になったりします。また、視野の狭さをカバーしようと、肩や首などに余計な力が入って、肩こり、頭痛などを引き起こすことも。

 

4.対策

手術による治療が主流

眼瞼下垂の治療は、手術によるものが一般的です。手術の方法は原因によって異なります。

眼瞼挙筋の筋力が衰えている場合は、眼瞼挙筋を短くすることでまぶたの垂れ下りを改善できます。この際、余分な皮膚を一緒に切り取ることで、美容的にも優れた効果が得られます。

眼科や形成外科で行われる様な視界確保を目的とした手術であれば、保険が適用されます。外観に重きを置く場合は、保険適用外になってしまいますが、美容外科で手術を受けることも可能です。

 

 

脇坂 長興

この記事の監修

脇坂 長興(わきさか ながおき)

医学博士、日本形成外科学会専門医、麻酔科標榜医、脇坂クリニック大阪院長脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪院長
聖マリアンナ医科大学卒業。同大学形成外科でskin rejuvenationを研究。医学的方法論よりも患者様自身にとって一番良い治療を提供することが形成外科医の使命であると考えている。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

CLOSE