1. HOME / 
  2. からだのお悩み / 
  3. “片側顔面けいれん”は中年女性に多い? その症状は?

“片側顔面けいれん”は中年女性に多い? その症状は?

疲れがたまったときなどに、目の周りや顔がピクピクする。そんな経験は多くの人が持っているもの。しかし、こうした症状が長く続いたり、症状の範囲が広がったりした場合は片側顔面けいれんの可能性も……。今回は、特に中年の女性に多く見られるという片側顔面けいれんの基礎知識をご紹介いたします。

 

 

片側顔面けいれんとは?

片側顔面けいれんとは、片方の目の周りや頬・口の周りが自分の意志とは関係なくピクピクとけいれんする病気で、「顔面けいれん」とも呼ばれています。具体的な症状としては、片側の目をつぶるための筋肉や笑うときに収縮する筋肉、口の開閉に関係する筋肉が勝手に収縮したり、収縮と弛緩を繰り返してピクピクしたりします。

病気自体は生命に関わるものではありませんが、うっとうしさを感じたり、顔のゆがみにつながったりするため極力避けたいもの。また、ひどい場合は片眼が閉じてしまうため、生活に支障が生じるとされ、治療が必要なこともあります。

<片側顔面けいれんになるのが多いのは、中年女性>
片面顔面けいれんは40歳以上の中高年に発症するケースが多く、男女比はほぼ1:2といわれています。

症状の進行と出方は?

症状の進行と出方は?

片側顔面けいれんは通常、目の周りから始まるといわれ、特に初期は疲れなどによるまぶたのピクピク(眼瞼ミオキミア)との区別が困難となっています。目の次は徐々に口もとへと広がり、あご下の筋肉もけいれんし、片側の顔全体の筋肉の勝手な運動が現れるようになります。
また、談笑したり、食べたり、目や口を動かしているときに出やすく、緊張すると出る人も。
頻度は、最初は時々だけですが、だんだんけいれんしている時間が長くなっていき、やがて終日起こるようになることも。また、中には耳鳴りを伴う人もいるようです。

片側顔面けいれんの原因は?

片側顔面けいれんは、片側の顔面神経が脳の深部の脳幹から出てくるところで正常な血管(動脈)と接触し、圧迫されることで起きるというケースが最も多いといわれています。
顔面神経は筋肉の運動を起こしている運動神経で、痛みの神経とは関係がないため、痛みを伴わないのが片側顔面けいれんの特徴のひとつです。

<似た病気との違いを知ろう>

・眼瞼ミオキミア
片側の目の周りだけピクピクと動く症状が眼瞼ミオキミアのチェックポイントになります。眼精疲労や精神的ストレスが主な原因とされているものです。一時的な症状であり、目を酷使する作業を止めるなどし、リラックスすることで短期間で自然に治っていくことがほとんどとされています。但し、症状が続く場合は眼科を受診しましょう。

・眼瞼けいれん
眼瞼けいれんは、「眼瞼ジストニア」とも呼ばれます。片側顔面けいれんと異なり、必ずしも目もとがピクピクはしないが、不要なまばたきが増えたり、自由に目を開けることができない、いわば【まばたきの制御異常】や【目の開け閉めの切り替え故障】のような状態です。
光がまぶしい、目が乾いた感じがするといった自覚症状で受診され、ドライアイと間違えられやすいのも特徴です。原因は不明ですが、ストレスが関与していることが多いといわれています。

片側顔面けいれんかな? と思ったら

片側顔面けいれんかな? と思ったら

初めは目の周りのピクピクだけだったのに、同じ側の顔全体にけいれんが起こるようになったなど、片側顔面けいれんが疑われる場合は、神経内科や脳神経外科を受診しましょう。血管ではなく腫瘍や血管瘤が神経にぶつかっていることもあるので、これを確かめるため一般的にMRI検査がおこなわれます。
治療としては、対症療法であるボツリヌス毒素治療(勝手に動く筋肉にボツリヌス毒素A製剤を少量注射し、麻酔によってけいれんを止める)が主流ながら、根本治療としては、脳外科的に神経と血管がぶつからないようにする手術がおこなわれているようです。

この他、動脈硬化が片側顔面けいれんの原因という場合も(血管が圧迫されるため)。また、精神的な緊張・ストレスも顔面けいれんを起こす一因といわれています。顔面けいれんを直接予防する方法はありませんが、目の周りや口もとのけいれんが気になるときはまずリラックスするとともに、日頃から原因となるストレスと上手につき合うことが大切です。また、動脈硬化や高血圧、糖尿病、高脂血症などの病気が、血管の延長や蛇行を引き起こし、顔面けいれんにつながっている場合もあるため、生活習慣を整えて生活習慣病のリスクを下げることにも意識しましょう。

脳の病気が原因であることは少ないとされている顔面けいれんですが、思わぬ病気が隠れている可能性も否定はできないようです。気になる症状が治まらない場合は、専門医を受診しましょう。

(文・大津礼保奈)

関連記事

人気ランキング

あなたにおすすめの記事

この記事を読んだ人は、
こんな記事も読んでいます。

この記事の関連キーワード

この記事が気に入ったらシェアしよう!

CLOSE