1. HOME / 
  2. からだのお悩み / 
  3. ぐずぐずしている加齢なカレにプロポーズさせたい!

ぐずぐずしている加齢なカレにプロポーズさせたい!

1.症状

男らしい決断力がないカレに、募る苛立ち……

30代後半以降の男性とお付き合いしている女性は、カレの元気のなさを心配している人も多いようです。付き合いが長いほど、以前のような行動力と決断力の欠如を感じ、結婚もグズグズと決意してくれない、という苛立ちが。恋人未満の関係だったら、色香を漂わせても、あまり手応えを感じず肩すかし……。加齢してきた男性へのアプローチ法に悩みがちです。

2.原因

 

テストステロン値の低い男性は、結婚しにくい!?

男性ホルモンの分泌量が多い男性ほど、若いうちに結婚しやすいという医学的な報告があります。お付き合いが長くなり、適齢期を過ぎたというのにカレが結婚を決意してくれないなら、判断力や決断力を高める男性ホルモン“テストステロン”の分泌が低下してしまった可能性が。

また、テストステロンの分泌量は、30代後半から減少し始めます。30代以降の男性とお付き合いしているなら、なおさら相手の年齢を考慮した対応を心がけたほうがいいでしょう。

3.放っておくと・・・

現段階でのお付き合いから進展しないかも?

生活全般にやる気がなくなっている男性は、守るべきものは何かという判断力や、結婚へ踏み出す決断力が希薄になっているのかしれません。女性は、今の関係を続けていいものかと焦り、決断を迫るためにキツい言葉を投げかけてしまう場合も……。しかし、貴女が切実に訴えても、テストステロンの分泌が下がっている状態では、ぐずぐずするのは仕方のないこと。加齢したカレに対するアプローチを間違って、今の関係まで壊してしまわないよう注意しましょう。

 

4.対策

お相手が20代だったら、女性はあまり策を弄(ろう)する必要はないかもしれません。しかし、加齢による男性の変化を、女性がうまくコントロールしてみるのもひとつの手です。

テストステロン値を上げ、決断力や行動力を高めてもらうために、こんな“男活”プランはいかがでしょう?

 

 

 

スポーツ観戦で男を燃やす!

テストステロンには日内変動があって、午前中高くて夕方頃から低くなっていきます。ピークは朝の8時~9時くらい。若い頃は午前にブワ~っと上がって、夕方頃からゆっくりと下降。しかし、年齢を重ねるごとに、午前中の上昇がなくなり、朝も夜も低いまま。

しかし、短期的に上昇することもあります。例えば、好みの女性やエロティックなものを見たときなど。いちばん顕著なのが勝負事。自分が勝つと瞬間的にテストステロンがブワっと上昇!

テストステロンの高いときほど、女性からのアプローチが効きやすいのです。サッカーや野球、ボクシングなど、カレの応援している選手が勝ちそうなときを狙って、デートに誘うのもいいでしょう。男性は興奮しているとき、そばにいてくれる女性に好意を持ちやすいのです。マンネリカップルにはいい刺激を。恋人未満だったら進展しやすいかもしれません。

 

ノンアルコール&十分な睡眠を

睡眠もテストステロンの分泌を左右します。8時間睡眠に比べ、4時間睡眠の男性は分泌が2~3割ほど少ないそうです。また、アルコールもテストステロンを下げる要因に。3週間毎日ビールを飲んだ人と、3週間毎日ノンアルコールのビールを飲んだ人では、テストステロン値が3割近く違っていたという研究結果もあるほど(なぜ飲酒で男性ホルモン値が下がるのか、詳しいメカニズムの解明はこれから)。

ノンアルコールのカクテルやビールを飲み、夜は早めに寝て、心身の疲れを癒してあげましょう。そして朝、カレが元気になっていたら効果あり。そうでなかったら、しばらくはノンアル&早寝する生活を続け、テストステロンの回復を待ちましょう。

ちなみにテストステロンが上昇してくると、朝勃ちとなって表れます。男性にとって朝勃ちは、健康のバロメーター。女性が肌の調子を気にするのと同じなんだとか。ご参考までに。

 

朝のジョギングで燃えるように仕向けよう

筋肉も男性ホルモンに制御されています。筋肉を維持するにはテストステロンが必要。運動して筋肉をつけると、維持するためにテストステロンの分泌が上がってくるのです。

また、運動したあとも、一過性でテストステロンはアップ。有酸素運がオススメなので、ジョギングがいいですね。しかし、あまり疲れ過ぎると逆効果。朝、30分くらいを目安に、2人で走るデートを推奨します。テストステロンの朝上昇と運動効果がリンクすると、マンネリカップルも、久しぶりに燃え上がるかも!?

 

 

秘薬たっぷり! 愛のテストステロン弁当

男性のテストステロンを上げる食材は亜鉛。牡蠣やキャベツなどに多く含まれています。費用対効果を考えると、キャベツはとても有効。他に、ニンニク・玉ねぎ・長ネギ・ニラには、アリシンという成分が多く含まれ、テストステロンを上げてくれるのです。

アリシンは熱に弱いのが難点。生で食べるのがベストですが、香味野菜を大量に食べるのは難しいかもしれません。しかし、アリシンはビタミンB1とくっつくと、熱に負けないアリチアミンに変貌! ビタミンB1は豚肉に多く含まれているので、餃子やハンバーグ、ニラレバ炒め、豚肉のスタミナ丼などに調理すると効果的。

ちょっと匂いは気になりますが、これらの食材を使ったお弁当をつくって、朝のジョギング後に食べたり、会社の昼食用に持たせてあげましょう。「最近、疲れているようだから……」と、お弁当にメモでも入れておけば完璧ですね♪

 

 

久末 伸一

この記事の監修

久末 伸一(ひさすえ しんいち)

メンズヘルスクリニック東京(旧城西クリニック) メンズヘルス外来担当医、順天堂大学医学部泌尿器科学講座准教授
日本泌尿器科学会専門医・指導医、日本性機能学会専門医・評議員、日本Men’s Health医学会評議員等。

1995年札幌医科大学医学部卒業、同泌尿器科医局入局。Massachusetts大学博士研究員、
神経内分泌センター博士研究員、札幌医科大学付属病院助教、帝京大学医学部泌尿器科講師などを経て現在に至る。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

CLOSE