1. HOME / 
  2. からだのお悩み / 
  3. 口内炎がすぐできる人が気をつけるべき症状その予防法

口内炎がすぐできる人が気をつけるべき症状その予防法

口内炎とは

多くの一般的な口内炎である『アフタ性口内炎』は原因不明で、赤く腫れている口内炎の中心部分は白色から黄色に腫れています。かみ合わせが悪く頬をかんでしまったり、食べ物で傷が付いたり、熱いものを冷まさずに急いで食べるなどして、できることがあります。放っておいても一週間ほどで治るものですが、なんとも痛く不快ですので痛み止めのステロイドの軟膏やパッチ、ビタミンBなどを併用し、炎症を早く和らげることができます。

症状

●白い斑点

●せいぜい数個

●頬や歯茎、舌にできる

●痛みがある

大抵が一週間ほどで治りますし、薬を使えば数日で治ります。

まれに、免疫力がかなり低下した方が、通常身近に存在しているカンジダというカビの一種である真菌に感染してしまうと、ただの口内炎よりも痛みの強い、しつこい口内炎になります。入院などの闘病生活をされている方やご年配の方、エイズなどを患われている方は一般的な口内炎の薬ではむしろ悪化するので、違う薬を使う必要があります。カンジダによる口内炎は大きく、なかなか治らず、食事をすることも大変になってきます。

原因

●熱々の食事を食べた

●口の中が傷ついている

●唾液量が少ない

●刺激物を食べた

●免疫力が落ちている

●胃腸の調子が良くない

●歯科の詰め物があっていない

アフタ性口内炎は残念ながらその原因ははっきりわかっておらず、なぜ悪くなってしまうのかは不明です。かみ合わせが悪く頬を傷つけてしまったり、ストレス、栄養が偏ってしまったりすることが原因とも考えられています。比較的治りが早く1~2週間程度で治るのも特徴です。

 

私たちの口の中では、毎日1.5~2リットルの唾液が分泌されています。しかし、口の周りの筋力が衰えたり、唾液腺の分泌能力が低下したりすることで、20歳ごろから徐々にその量は低下していきます。

唾液には、お口の中を潤す働きのほかに、抗菌作用や口の中の粘膜を保護する働きもあります。唾液が減るということは、これらの働きも減るということ。その結果、十分な保護を受けられなくなった粘膜に細菌が入りやすくなり、口内炎を発症してしまうのです。また、加齢に伴い口内の粘膜が再生されにくくなることで、炎症が治りにくくなっている可能性も考えられます。

 

口内炎の種類

●アフタ性口内炎:一般的に白い円形状をし、痛みがある

●口腔カンジダ症:舌の苔が厚く、また口内全体に白いコケが生え、舌の乳頭がなくなり、粘膜は赤く腫れる

●紅板症:炎症部分は、赤くビロード状のなめらかな表面。50歳以降に多く、その半数が悪性化する。

●白板症:こすっても取れない白い粘膜が頬や歯茎、舌にできる。ビタミンA不足、喫煙などが原因で、悪性化しやすい。

●扁平苔癬:白いレース状の形をした炎症。少数ががん化する。

●ヘルペス性口内炎:発熱、だるさも伴う。口臭がきつくなることも特徴。子供の方がかかりやすい。

●手足口病:乳幼児が話さなくなったり、食べなくなったりしたらこれを疑う。自然に治る。

●ヘルパンギーナ:咽頭部分にできるので風邪と間違う。夏に流行する。

 

小さな丸い口内炎ならば、アフタ性の口内炎の可能性が高く、放っておいてもいずれ治るかと思いますが、形がおかしい、コケが多い、喉の奥にできている、など、いつもの口内炎と様子が違うようでしたら、口腔外科や内科で見てもらいましょう。口内炎の種類によっては悪性化するものもあります。鏡で大きさ、色、形を観察して、気になったら医師にしっかり見てもらいましょう。

 

口内炎を放っておくと…

口内炎ができやすい人は虫歯になりやすい!?

通常のアフタ性口内炎は1~2週間で自然治癒しますから、アフタ性口内炎そのものは放っておいても問題はありません。ただし、唾液の分泌低下が進むと、口の中の殺菌作用が弱まることで、口の中がネバネバしたり、口臭がきつくなったりといった症状が現れてくる危険性があります。そういった症状をさらに放っておくと、歯周病や口内炎、虫歯といったさまざまなトラブルが起こりやすくなるので注意が必要です。

 

口内炎の治療法

<薬の種類>

●パッチ:アフタッチ®など

●軟膏:ケナログ®など

●トローチ

●うがい薬

アフタ性口内炎の治療薬はステロイドの軟膏、パッチが一般的で、よく効きます。

アフタ性口内炎の薬の面白い特徴として、市販の医薬品と医療用医薬品の濃さが同じものが多いことが挙げられます。たいていの薬は病院の薬の方が濃く、有効成分がたくさん入っているのですが、口内炎の薬は有効成分の量がほぼ一緒なのです。しかも二類医薬品でも販売がありますので、薬剤師さんのいない薬局でも購入ができるのです。

有効成分はステロイドがメインで、その他には局所麻酔薬、殺菌消毒薬があります。トローチタイプになっており、アメのように舐めて使用します。口腔内の軟膏を舐めてしまうお子さんなどにいいですね。

 

口内炎の対策

●辛いものを食べ過ぎない

●アツアツのものは冷ましてから食べる

●濃い味は少量にする

●体を休ませる

●歯科でかみ合わせを見てもらう

●歯ブラシなどで強く口内を傷つけない

●口腔内を清潔に保つ

●入れ歯、矯正器具を直す

 

まだ原因不明のアフタ性口内炎ですが、体に疲れがなく、刺激物も食べないときはできにくいものです。食べ物としては辛いもの、熱すぎるものや、スパイシーなものを食べ過ぎること、居酒屋のメニューによくあるような脂っこいもの、味の濃いものが原因と考えられています。

うがい薬で口の中を殺菌!

口の中に雑菌を溜めないためにも、口の中が乾いた状態にならないよう心がけましょう。例えばガムなどを噛んで唾液腺を刺激してあげるのがオススメです。この際、虫歯を防いでくれる働きのあるキシリトールを配合したガムを選ぶとさらに効果的。また、食事の後は、ポピドンヨードなどの殺菌成分が配合されたうがい薬でうがいをして口の中を清潔に保ちましょう。できてしまった口内炎の治りも早くなることが期待できます。

ビタミンBで内側からケア

口内炎ができやすい人は、ビタミンB群の摂取が不足している可能性も考えられます。ビタミンB群を多く含んだレバーや納豆、ほうれん草、卵、落花生、赤ピーマンなどを積極的にとるように心がけましょう。また、ビタミンB群が足りていないときは、口の中だけではなく、口角炎にもなりやすいですので、慢性の口角炎があるようでしたらビタミンB群を積極的にとりましょう。ビタミンB群は尿で体の外に出やすいビタミンですので、取りすぎても特に問題になりません。

口内炎に効果的な漢方薬

やや苦いのですが、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)がおすすめです。黄色い色をした漢方薬で、胃腸炎やニキビなどの炎症性疾患によく用いられる漢方薬です。錠剤タイプや丸薬タイプのものを、トローチのようにゆっくりと舐めて使用するのが一番効果的です。ケナログ®のようなステロイドの軟膏を口腔内に使用することに抵抗のある方におすすめです。

また、消化不良や刺激物が原因と感じる方には半夏寫心湯(はんげしゃしんとう)がいいでしょう。胃腸の炎症もとり、なおかつ消化も助けてくれて胃の辺りがすっきりとします。

東洋医学では口は消化器の入口と考え、消化器の炎症と関係がある、と考えられています。口だけの症状にとらわれずに胃腸の不調も加味して治療することが相乗効果につながります。

両方の漢方薬は病院でも出してもらえますし、またドラッグストアの漢方薬コーナーにも並んでいます。比較的

有名な漢方薬ですので少し大きな薬局でしたら陳列してあるはずです。

口内炎に効果的なサプリメント

ビタミンB群のサプリメントを使用しましょう。

ビタミンBの中でも、とりわけB2が関与すると言われていますが、サプリメントとして選ぶならば、コンプレックスタイプのもので、さまざまに混ざったものがいいですね。その理由はビタミンB3のナイアシンも皮膚粘膜の炎症を防ぐ働きがありますし、現代人が多く摂取している糖質、脂質の代謝にはB1、B2も必要です。また精製された食品やストレス、アルコールもビタミンBを多く消費しますので、ぜひ、多くのビタミンBが入ったものを選びましょう。

口内炎に効果的な食べ物

●セロリ

●冬瓜

●ほうれん草

●はるさめ

●スイカ

●レンコン

●大根

これらの野菜は、体の熱を冷ます働きがあります。ちなみにトマトやキュウリなどの夏野菜の多くは身体の熱を下げる働きがあります。腫れて痛い口内炎は熱を持っていますので、とりわけ刺激物が原因の口内炎にはこれらがいいでしょう。

しかし、だるさや免疫力が低下している方は、上記の食材に関係なく、辛いものや熱すぎるものを避け、食べられるものをしっかりと食べて免疫力をつけましょう。虚弱気味な方や免疫力が落ちている方はなるべく体を冷やさないことが大切です。

 

こんな時にも口内炎に注意

●生理前に注意すること

●神経症に注意すること

 

生理前は身体の体温が0.5度ほど高いので、体に炎症が生じやすく、口内炎になったり結膜炎になったりしやすいのです。この時期は辛いものをさけ、また、アツアツの食材にも気をつけましょう。

神経症に関しては、アフタ性口内炎のほかに、舌の全体や舌の横の部分が痛くなる舌痛症になることがあります。イライラすることを抱えている、解決しないストレスを抱えている場合は、なりやすいのでご注意ください。

 

まとめ

口内炎は意外と色々な種類があります。大抵のアフタ性口内炎は市販の軟膏、パッチで治るのですが、そのもとには疲れや刺激物などが原因となっていることがあります。対処療法と根本治療、どっちもうまく取り入れて再発予防につとめましょう。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

CLOSE