1. HOME / 
  2. からだのお悩み / 
  3. 夏バテを解消し、若々しく1日を過ごせる“朝のすっぽん”

夏バテを解消し、若々しく1日を過ごせる“朝のすっぽん”

前回 の続きです)
『星のや 軽井沢』滞在3日目。昨日のトレイルランニングでの心地よい疲れでグッスリ眠り、朝もスッキリと目覚めました。12時のチェックアウトまで、朝食以外は予定が入っていなかったため、のんびりと部屋のお風呂に入ってみることに。

 

 

星のや 軽井沢では、浅間山麓水系である野鳥の森から湧く天然水をひいています。すべての部屋の蛇口から天然水が出てくるので、飲用はもちろん、入浴や洗顔にも、ふんだんに利用できるのが魅力。光の射し込むビューバスには、ヨモギが置かれていたので(季節に合わせた植物や果実などが用意されています)、入浴剤代わりに入れてみました。天然水の季節湯に入るというラグジュアリー体験で、朝から気分もアガります!

 

 

 

 

 

 

 

 

湯上がりは、しばし部屋でまったりと。居心地のいい床座ソファのあるリビングルームや、川のせせらぎが聞こえるテラスでボーっとしていると、頭がカラッポになって究極のリラックス。1日中、部屋におこもりする男性が多いというのも納得ですね。

 

 

朝食は、メインダイニング日本料理「嘉助(かすけ)」で、夏限定の“朝のすっぽん”を体験。コラーゲンの宝庫であるすっぽんは、夏の季節は脂肪分が少なく、夏バテして食欲のない朝でも、スルスル~っといただくことができます。さらに、すっぽんはビタミンB群の含有量が多いのも特徴。

 

当サイトの『エイジングサインをチェック』にて取材をしていると、多くのドクターがビタミンB群を意識して摂るように、とおっしゃいます。ビタミンB群は体内の代謝における中心的な補酵素。それぞれ助け合いながら、脳や神経、皮膚などを健康に保つ、エイジングケアに欠かせないビタミンなのです。まさに、朝のすっぽんは、これから始まる1日を若々しく過ごすサポートをしてくれますね。

 

朝のすっぽんコースは「おめざ」から始まります。美肌ジュース(ニンジン、パイナップル、イチゴ、リンゴ)、またはシャンパンのセレクト。私は美肌ジュースを選びました。ニンジンのカロチンと酸味のある果物のビタミンで、体が目覚める美味しさです。

次は「旬菜盛り合わせ」。ワカメとトマトの生姜酢和え、新タマネギの真砂和え、黄ズッキーニとクレソンのお浸し、ナスの肉味噌掛け、根三つ葉のワサビ和え、など、色鮮やかな夏野菜を目と舌で味わいます。

 


メインは「丸鍋と葉物野菜のしゃぶしゃぶ」。プルンとしたすっぽんは、鶏肉に近い食感で滋味深く、スープにも旨みがたっぷり。そこに、新鮮な葉物野菜をしゃぶしゃぶ~と。クレソンや根三つ葉、セリ、蕎麦の芽、赤軸ホウレンソウ、黄ズッキーニなど、夏の緑黄色野菜に含まれているビタミンCが、すっぽんに含まれているコラーゲンの吸収を助けてくれるのです。さらに、スープの旨みが絡んだ野菜を、生姜、七味唐辛子、柚子胡椒オイル、特製胡麻ラー油などの薬味でいただくと、もういくらでも食べられるほどでした。

 

 

 

 

 

 

 

シメは「雑炊」で。ビタミンと食物繊維が豊富な玄米と、美肌効果のあるヨクイニンを含むハト麦をスープに入れ、もう一度すっぽんをプラスします。そこに、トマトと卵も加えてサッパリとした雑炊に。すっぽんの旨みが凝縮しているスープに、さらに“追いすっぽん”をするとは、なんてゴージャスな朝食なのでしょう! サラリとした食感で、スルスルといだだけます。


とても量が多かったので、撮影用に2人分にしてもらったのかしら? と聞いてみたところ、ほぼ1人分とのこと。朝からたっぷり食べたい男性の胃袋も、大満足間違いなしです♪ そして、デザートは「フルーツの寒天寄せと生姜シャーベット」。

 

真夏でも、爽やかな風が吹き抜ける軽井沢で、滋養強壮効果のあるすっぽんを朝からいただくと、体の内側からポカポカしてきて、活力が湧いてくる感覚に。これは、単に贅を尽くす朝食というだけでなく、夏バテや冷房による冷えなど、体調を崩しやすい季節にぴったりだといえるでしょう。朝のすっぽんは、これから夏の新常識になるかもしれませんね!

星のや 軽井沢

朝のすっぽん(すっぽんと夏野菜のしゃぶしゃぶ) 9,000円(税込・サービス料別)
早朝スパトリートメント 21,000円(※オプション)
開催期間:2013年7月1日~2013年8月31日

 

 

取材・文/美容ジャーナリスト 藤田麻弥

【プロフィール】
雑誌やWebにて、美容と健康に関する記事を執筆。化粧品のマーケティングや開発のアドバイス、広告のコピーも手がける。エビデンスのある情報を伝えるため、日本抗加齢医学会や日本香粧品学会を始め、多くの学会やセミナーを聴講。自身もアンチエイジングに関するセミナーの企画・コーディネートを務める。著書に『すぐわかる! 今日からできる! 美肌スキンケア』(学研パブリッシング)がある。

【最近のハマりもの!】
最近、納豆をよく食べています。エイジングサイン『慢性的な腰痛持ちの母』 での取材時、関西の高齢女性より、関東の高齢女性のほうが、骨量を保っている傾向にある、とドクターが教えてくださったから。納豆にはビタミンKが多く含まれていて、カルシウムが骨に付着するのを促す作用が。ですから、若いときから納豆をよく食べている関東女性のほうが、高齢になっても骨量を保っていられるのではないか、と推測されています。

この記事が気に入ったらシェアしよう!

CLOSE