1. HOME / 
  2. からだのお悩み / 
  3. 「野菜はやせる」は迷信!? 肉や魚こそダイエットには大事

「野菜はやせる」は迷信!? 肉や魚こそダイエットには大事

Diet 秋のダイエット対策3

「野菜はやせる」は迷信!? 肉や魚こそダイエットには大事

ダイエットメニューというと多くの人が思い浮かべるのが、「野菜中心の食事」。野菜はダイエットに最適な食材と思っている人が多いようです。でも実は、野菜だけ食べていてもキレイにはやせられないのです。キレイにやせるために必要な栄養素や食材について、今回は考えてみましょう!

「ダイエットにはサラダ」この考え方をリセット!

ダイエットを考えたときに、あなたはどんな料理を思い浮かべますか? 「肉を控えて野菜たっぷりの食事」と答える人が多いようです。肉は太る、野菜はやせる、と思っている人が多いようですが、実はこれは間違いなのです。野菜には、ビタミンやミネラル、食物繊維など、ダイエットに必要な栄養素がたくさん含まれていることは事実です。が、野菜だけ食べてもその栄養素は思ったように働いてはくれません。ビタミンやミネラルは、肉や魚などに含まれるタンパク質や脂質などと結びつくことで、エネルギー代謝を高めてくれたり、美肌や美髪のもとになってくれます。

肉や魚を食べると太るのではなく、逆に代謝のいい体を作ることに役立ってくれるのです。

実はダイエットに必要な食材リスト

間違ったダイエットや勘違いで、体を燃やすために必要な栄養素を摂ってない人が多いようです。下記の食材を意識して摂るようにしましょう。

 

■肉や魚は毎日食べよう!

肉なら手のひら1個分、魚なら切り身ひと切れ分をそれぞれ食べるのが理想的。

タンパク質は体の代謝にも影響する筋肉を作ってくれたり、美肌や美髪にも影響するので、意識してしっかり摂りたい栄養素。

 

■油を怖がらない!

油ものは太る、というイメージがありますが、すべての油が×というわけではありません。

いい油は、ホルモンバランスを整え、脳にもいい働きをするので積極的に摂りたいものです。揚げ物や炒め物などに含まれる油や、市販のドレッシングなどに含まれる油は控え、オメガ3と呼ばれる油を多く摂るようにしましょう。オメガ3は魚に多く含まれ、ほかにはしそ油や亜麻仁油、グリーンナッツオイルなどにも含まれます。

 

■炭水化物も大事な栄養素

低炭水化物ダイエットなどが流行して炭水化物を食べないという人も多いようです。ですが、これも危険です。炭水化物は私たちにとってとても大事なスタミナ源です。ですからゼロにしてしまうと、スタミナ不足になって体のさまざまな部分に悪影響が出ることが考えられます。夜、炭水化物を抑える食事をするのは悪くないのですが、まったく摂らないのはおすすめできません。朝や昼は減らさず、夜で調節を。

 

 

LET’S TRY 即実践のコツ

野菜以外にも摂るべき栄養素

  1. 肉と魚はそれぞれ毎日食べる努力を
  2. オメガ3などいい油をしっかり摂る
  3. 完全炭水化物抜きは危険。夜で調節を

浜中 聡子

この記事の監修

浜中 聡子(はまなか さとこ)

ウィメンズヘルスクリニック東京 院長・医学博士
ウィメンズヘルスクリニック東京(旧AACクリニック銀座)院長。医学博士。米国抗加齢医学会(A4M)専門医、国際アンチエイジング医学会(WOSAAM)専門医、米国先端医療学会(ACAM)専門医などの資格を多数取得。心身両面からのケアで「ウェルエイジング」を提唱し臨床現場に立つ

この記事が気に入ったらシェアしよう!

CLOSE